SK三角定規  (有)山口商店  2016/04/22  ホーム  Q&A


SK三角定規


法勾配・法長が簡単にわかる定規です。

 ● 使用は簡単で複雑な計算が省けます。
 
携帯に便利です。
 
一般の三角定規としても使用できます。
 
SK三角定規は45°と30°の定規で一組となっています。

使用例

法勾配30°定規
先ず法の起点を定規目盛の0に合わせ、必要とする定規の法勾配線を水平にすれば普通目盛を付した定規の辺は法勾配となります。

(例)
中心線より2mの巾をとり 1 : 0.7 の法を引く場合 a点に目盛0を合わせ法勾配線0.7を水平にすれば定規の目盛を付した辺は 1 : 0.7 の法勾配です。同時に法長は4.4mと読むことができます。

面積45°定規
面積の計算は A = ( 底辺 × 高さ ) ÷ 2 を利用して算出します。

その際、定規の横目盛と縦目盛を図上の線に合わせ、三角形の底辺と高さを読み取り、上の算式より算出します。


(例)
底辺は中心より右が 2.5m 、左が 2.8m で高さは 1.6m よって面積 A = ( ( 2.5 + 2.8 ) × 1.6 ) ÷ 2 = 4.24u となります。

目盛

商品コード

品名/材質

参考価格(税別価格)

172001

SK三角定規 アクリル製

\1,000-

▼販売価格

ご購入は  やまぐちしょうてんネットショップでも購入可能です。

    

履歴の件数


サポート(FAQ)のページへ

 Q&A

このQ&Aは、当社へのお問合せ等の内容と回答を掲載しています。 

※は補足事項として回答させてもらいました。

▼現在Q&Aはありません。

 2010/03/09

▼現在Q&Aはありません。

 2010/03/09

掲載:2016/04/21