クラックゲージ (有)山口商店 更新:2017/08/28 ホーム


クラックゲージ CG-1000

構造物の壁、床等に発生したひび割れ上に貼り付け、ひび割れの幅、挙動変化を簡易的に計測するひび割れ測定用のゲージです。

クラックの変位を正確に測定

@接着剤でひび割れ箇所に貼り付けます。 (別売:セメダイン社製ペグαを推奨)
Aひび割れの幅をゲージで読み取ります。
B0.05mm単位でひび割れの動きを確認できます。

■ 取付方法

@左右の取り付け台座の△マークと角度目盛の0を合わせます。

 図-❶

Aベーススケールとサブスケールの0点を合わせます。

 図-❷

B取り付け台座の底面に接着剤を塗布し図-❶の0点をひび割れの中心線と一致させ、ひび割れをまたぐように貼りつけます。

 図-❸

 図-❹

■ 計測方法

ベーススケールとサブスケールは、ひぴ割れの動きに伴い伸縮するのでこの変化を計測します。
@サブスケールの0点が示しているベーススケールの目盛りを読み取ります。

Aベーススケールの目盛りとサブスケールの目盛りが合致している位置を読み取ります。

 ※0.05mm単位の数値を読み取ることができます。


B取り付け台座の△マークで角度変化も計測できます。


注意、1) サブスケール上段の数値(+)はクラックの拡大時、下段の数値(−)はクラック縮小時に適用します。
注意、2) 上下の目盛の合致点がベーススケールの19mmを越えている場合は、サブスケールの0点以下の目盛りで一致した位置を読み取ります。

計測範囲

-5mm 〜 5.7mm

分解能 0.05mm の場合

-5mm 〜 19mm

分解能1mm の場合

※接着剤は付属しておりません。セメダイン社製ペグαを推奨します。

■写真

表から

裏から

横から

スケールの溝

スケールを少し伸ばした状態(表から)

スケールを少し伸ばした状態(裏から)

スケールはずした状態(表から)

スケールはずした状態(裏から)

■ 仕様

材質

アクリルプラスチック

最小目盛

主尺 1mm  副尺 0.05mm

測定範囲

−5〜5.7mm (分解能 0.05mmの場合)

−5〜20mm (分解能 1mmの場合)

大きさ

19×85×5mm

その他

取付は接着します。

※接着剤はセメダイン社製ペグαを推奨します。

セメダイン社製ペグαはこちら

■ 製品

商品コード

230023

型式/タイプ

CG-1000

仕様

5個入り

接着材は付属していません。

参考価格

¥6,000-

※価格は税抜価格です。

販売価格はこちら

▼販売価格

セメダイン社製ペグαはこちら

  

    

履歴の件数

 

掲載:2015/01/29