塩分測定 (有)山口商店 更新:2018/04/16  ホーム


カンタブ

カンタプは、コンクリート中の練り水に含まれる塩化物量を測定するものです。カンタプは、塩素分析のモール法を基本原理とし、臨床化学検査の分野で著しい、進歩をみせているドライケミストリー(DryChemistry)の手法を導入して、精度を損なわずに操作を簡単にしたフレッシュコンクリート中の塩分量測定計です。カンタプは、塩素イオンが存在すると茶褐色の試薬が白色に変化することを利用しています。

 

特長
●精度がよく個人差がありません。
●電極の校正等が必要でなく、だれにでも簡単に測定できます。
●電池やコード等の必要がなく、どこでも持ち運びができます。
●セメントの種類に関係なく測定できます。
●記録保存ができます。
●維持費がかかりません。

 

カンタブの種類

低濃度品

標準品

測定範囲

水溶液濃度としてCl換算%

0.003〜0.05

0.05〜0.5

 

商品コード

品番

仕様

参考価格 (税抜価格)

230007

LC-564A

低濃度品(3本入 12パック)

\10,500-

230008

LC-564B

標準品(3本入 12パック)

\10,500-

▼販売価格

 

取扱、使用方法、使用上の注意 詳細


参考

生コンクリート中の塩化物測定記録表 pdf-67KB

カンタブを用いた細骨材中の塩分量測定方法 pdf-91KB


カンタブ用抽出器

カンタブの計測時間を大幅に短縮します。

製品コード

仕様

参考価格 (税抜価格)

EC-317A

カンタブ用抽出器

\13,600-

 ※ 2008/04/07 販売終了


 

  ご購入は『やまぐちしょうてんネットショップ』からどうぞ!

 

  

   

履歴の件数

 

【関連商品:類似商品名:同用途商品】

北川式塩分測定セット