小物測量機材 平板測量機 (有)山口商店  2018/07/24 ホーム


田村型平板測量機


田村型平板測量機 YSTG−1

                             

田村型平板測量機 YSTG−1

田村型平板測量機 YSTG−1 は

使い易さを追求した平板測量機です。

三脚部の軽量コンパクトが売りです。

方式は田村方式です。

 

■ 測板 ( 中測板仕様 )

 材質 :木製 ( 移動部 : 金属 )

 寸法 : 50p × 41p 重さ : 2s

 

■ 三脚 ( 移動器付 )

 伸縮式アルミ製三脚

  頭部寸法  最大 : 19p

  縮時寸法 : 76p

  伸時寸法 : 119.5p

  重さ: 4s

                         

品名 田村型平板測量機

型名 YSTG−1

商品コード 70016

参考価格(税別金額) ¥50,000-

 

セット構成

 測板+三脚(移動器付)

 左写真参照

                      

参考写真

 

測板取付、移動器部

 

設置時高さ(状況写真参考)

 

三脚縮時 (約70p)

 

三脚伸縮中間時 (約90p)

 

三脚伸時 (約110p)

 

三脚伸時 (約120p) 狭めた時

 


田村型平板測量機 YSTG−1 取付・設置方法

 

測板は中心ボルトを使用して三脚(移動器部分)に取り付けます。

測板の裏側の金具の部分を移動させ、板の中心の窪みのある部分に合わせボルトを入れます。(左写真参照)

左の写真のようにボルトと金具の位置を中心より少しずらします。

ボルトを下向きにして、ボルトを三脚(移動器)の中心の穴に通します。

(この時三脚は開脚して立てて置きます。)

ボルトを通した下側はこのような状態になっています。

蝶ナット(小)を中心ボルトに取り付けます。

このナットを緩めることによって、測板を回転させたり、測板を平行移動することが可能になります。

ナットを締めることにより、測板の回転、平行移動が固定されます。

測板は上の大きな蝶ナットを緩めてセットします。

この大きな蝶ナットで測板の傾きを調整します。

緩めると測板の傾きを変えられます。

測板は水平器やアリダード付属の気泡管を使用して水平にします。

測板が水平になったら、蝶ナットを締めて固定します。

参考

測板を傾けたところ。

この動きは大きな蝶ナットで調整します。

参考

測板を傾けたところ。

この動きは大きな蝶ナットで調整します。

 

■ 


  

 FAXでのご注文はこちらからどうぞ!

 

▼販売価格

 

ご購入は  やまぐちしょうてんネットショップでも購入可能です。

 

    

 

履歴の件数

 

掲載:2017/08/24